2017年8月20日日曜日

ヴィジタンディーヌを贈ります

 焼いて、焼いて、焼き抜いた「ヴィジタンディーヌ作り」の旅
今回のフィナーレは「ヴィジタンディーヌ」を贈る事。

 ヴィジタンディーヌは焼いて「すぐ」も美味しいです。
味わいが毎日変わり、それぞれに美味しいです。
楽しんで下さるかしら「フフフ」贈り物はここが幸せ
 一つずつケーキサーバーを使い袋に入れて
箱にきっちり入れれば、崩れず、片寄りもせず、届いてくれそうです。
夏だからリボンはレースで見た目も涼しげに、スッキリ、爽やかにラッピング出来ました。

 郵送するのは久しぶり、雨のが続いたので天気予報を気にかけて晴天が続きそうな日を見図い、焼いて送りました。
雨に濡れたら悲しいものね〜。


2017年8月17日木曜日

ヴィジタンディーヌの日々 Visitandine

 久しぶりにヴィジタンディーヌを焼きました。
何年か前に焼いて「美味しい、美味しい」って食べ、そればかり作って、
ご近所にもお持ちし「美味しいわ」と言っていただけるまでに上達していた。
はずなのに、レシピを見ても全然覚えてなくて、焼いては試し、試しては焼き、
試行錯誤、焼いて、焼いて、焼きまくり、その合間に卵白を取るために卵黄を使う
クッキーやアーモンドクリームタルトを焼いてました。
 夏が来たらしいと言う時期から、夏本番を過ぎる頃までオーブンの熱で暑さを倍増させ、「もう一回これで上手くいかなかったらやめよう。」と何度も思いながらも、焦がしバターの香りとアーモンドプードルが効いた焼き菓子に魅せられて止められません。コーヒーでも紅茶でも日本茶にも合います。
美味しい、おいしい、オ~イシ〜イ!!
 表面カリっとしていて、中はしっとり、でも火が通っていなくてはいけません。
「も少し、今一歩」と夫のカロリー摂取もかなり倍増させ「これで良し」とするまで焼いていたのでした。
 何日か前に蝉の声と共に秋の虫の声を聞いて、涼しくなってる、これからが
オーブン活躍季節なのに、なんて思いながら今日の私は冷菓を作っている。
焼いて焼いて駆け抜けた夏、せっかくなので(?)忘れない内にもう一度作り、
レシピにして作り方をご紹介したいと思います。

2017年8月3日木曜日

影絵

 感激的、明媚なシーンに遭遇しました。
それは6月のことでした。
私の家から、ほんの数分の場所で、買い物の帰り道。
このように美麗な光景に出逢えました。

 耀の方向に顔を向けると、まさに日の入り、眩く光り輝き美しい時。
沈む太陽、その陽を受けて立ち並ぶ木々。
それらが投影され、美しくドラマチックに描き出された影絵。
いつも歩く道なのに、風雅の様を今まで気が付かずにいたのかしら
思いがけず遭遇した、このシーンに幸せな心持ち。
センチメントかノスタルジアか、なんとも不思議なフィーリング

2017年4月13日木曜日

皇居のさくら

 さくら満開のお便りが届ています「私の街はまだネ~」「イマイチネ。」と
何日間かご近所と挨拶していましたが、やっと咲いてくれた様なので、
昨日、近所を歩いてみました。「麗かな空の下」を期待したのですが、
「寒さ身に凍む曇り空」なので早々に散歩をやめて帰って来てしまいました。
4月の今頃になるといつも、「変な陽気だネ、あったかいんだか、
サッムインダカ。日が落ちと冷えるよねー」って言いながら
ヒーターを入れている。
そして、今日は雨、船が汽笛を鳴らして運航しているのかしら、
雨音と車のタイヤが「シャバシャバ」水を蹴る音に混ざって
遠くで「ボー」って汽笛が聞こえてる。
今年はスカーッとした晴れ空でさくらを見ることが出来ないのかしら・・・
 清々しい空の下での「さくらの写真」は2014年の皇居のさくらです。
この年は皇居内の乾通りを開放して下さるとの事。
私たちは、「普段入場出来ない所だから」と出かけました。

普通に「入場出来る所」でも、出かける事が少ないので、行った事が無い所が
多いです。(それは単なる出不精だから です。)
お花見も近所のさくら見物以外ないので、集まっている人の多さに驚きました。
 地下鉄を降りて何番出口に行けば良いのか迷っていると、大勢の人が颯爽と
同じ方向に進んで行きます。
この流れについて行くと「きっと皇居に着くんだ。」と從って行く事に。
どなたも歩く速度が早い早い、トットット、トットット・・・・
「入場門は何処ですか?」と問うてる人に
「もう間に合わないんじゃないか」と答える警官の声に、
人々は一層、急ぎ足にタッタカ、タッタカ、・・・・
私の息は、ハーハー、ハーハー、運動不足じゃ、ハーゼィ・・・
入場門近くには、旗の元で「乾門で集合です。」とバスガイドの声が聞こえ、
外国の方も沢山います。

皇居前広場に着くとコーンで仕切られていて誘導しています。
ぐるりと置かれた、そのルートを前が進めば、私も進みます。
広場をゆっくり歩き。最後尾に走って着いた人も此処で息を整て、秩序よく。
チェックを受けて、入場です。

 前を向いても、横を見ても人、ひと、ヒト、皇居のお花見だから
特別人が多いなのでしょうか。
乾門迄の途中には水飲み場が有り女性が「甘くて美味しさワ」と言い、
警護の方が「これは普通の水道の水ですよ〜」と答えているのが面白く、
「オー、此処は一段良い景色」思っていたら「ここが一番見どころですが、
渋滞してますから、進んでください。」とやんわりガイダンスもあり、
迷子の案内もあり、とにかく大勢の人。
笑い声や話し声、皇居の中も騒がしい。
その声に「平和だなー」と嬉しい気持ちが広がります。

そういえば私の住む区内にも川の両岸に植えられた桜の名所が有り、
同じアパートの上の階の方が「船頭さんをしている。」と話していました。
お元気かしら?いつか船に乗って、さくら見物してみよう。

2016年12月10日土曜日

手作りギフトボックス Gift box

朱夏が過ぎ、白秋も過ぎ、もう 幻冬、もうとうに・・・
孟冬は「もうとう」に来た。なんて オヤジ ギャグを言ってみた ハハハ
ハヤ冬の寒気が身にしむ師走になってしまいました。

またまた、更新が遅れていて写真が溜まっています。
夏野菜の写真、キュウリ、トマト、ピーマン、オクラと同じ顔ぶれ
狭いベランダで作っているのだから種類も量も少ないのは当たり前です。が
画像を並べると「さあ、何処が違うでしょう」と「間違い探し」のような絵柄
見ていて「楽しくないナ〜」と思うのでやめました。

そこで昨年、載せられなかった記事にします。
お菓子作りの好きな私はあの方にもこの方にも と、お菓子を郵送します。

郵便局で発売しているレターパックライトは高さ制限があるので、送れる
ギリギリの大きさのピロー型ケースを夫に作ってもらい送っていました。

ピロー型のギフトケースに続き、新型のギフトボックスを作ってもらいました。
ギフトボックスの方がピロー型より作るのに少し手が掛かるようですが、
ピロー型よりもっと沢山の中身が入ります。

 リボンの色を変えて
こんな感じにしてみたり

また、こんな感じにしてみたり
リボンで、これだけ表情が変わります。
これもラッピングの楽しみの一つです。

ピロー型の展開図を書いたブログはこちらをcheck
http://ito-tomoko.blogspot.jp/2015/01/blog-post_15.html

2016年8月4日木曜日

ベランダ野菜 今日の収穫 7月27~31日 2016 Today's harvest

 7月27日
 空芯菜は初収穫、刈入れをしなければと思いつつ何日も取りはぐれ、
茎ごと大きくなりすぎて、葉は硬そうな所が多くなり、柔らかそうな部分を残し
半分以上捨てました。
次からは、放置せず、こまめに収穫を心がけよう。と反省。

 7月29日
トマトは大玉の苗を買ったのに大きくならないナ〜〜
おいしいから良いです。
                        7月31日

2016年7月25日月曜日

夏だけど涼しい日は菓子作り

ブルッティマボーニとクッキーとプリンと今日の収穫


熱い熱いと言っていたのに、ここ何日間か気温が低く涼しい日が続いています。
熱いとヘロヘロになってしまうので涼しいと助かります。

明日は熱いのかしら、エアコンのスイッチをオンにすると電気の容量が心配で
電気の取り合いにもなるし、オーブン使用の焼き菓子は焼いてる時も
終わった後も熱くて・・・
涼しい今のうちにオーブンを使う焼き菓子や、スチームを使うプリンを作って
おきましょう。 
マヨネーズを作ったので卵白が残っているから、ブルッティマボーニを焼いてから、
お持たせや、「何か無いの?」の時に便利な、アーモンドクッキー、
スライスアーモンドを入れたアーモンドチョコクッキーなどを焼きました。
これは、密閉容器に入れて、湿気に気をつければ1ケ月以上、美味しく日持ちする。
焼きたてより、日を重ねて熟成したほうが更に旨味、コクが増す、作り置き出来る
とっても便利なクッキーです。
 涼しい日に作って、熱い日に冷えたプリンを食べる。
こんな日はプリン作りにピッタリです。
私はプリンをマグカップで作ります。
カップから取り出してお皿に移す、と こんな感じになるのですが、
いつも、カップのママ、スプーンですくって食べています。
冷蔵庫から出したばかりで、容器も冷え冷えの上、洗い物も少なくて済むでしょ。

スチーマーの湯を沸騰させ、4分蒸し、火を落として、8分そのまま置いて出来上がり。
取り出して、常温になったら冷蔵庫で冷やします。
この時期のスチーマーのお湯はさっさと捨てます。(アッツイからね〜)

プリンのレシピです。
カラメルソース
砂糖    40g
水   大さじ2

プリン液(マグカップ4個分)
卵     2個
牛乳   500ml
砂糖    50g
カラメルソースを作った鍋に牛乳を入れて、暖めれば、鍋も綺麗になってプリンの味も
一層美味しくなります。
卵を割りほぐした中に、これを加えて混ぜて、ざるで漉し、カラメルソースを入れた
カップに流し入れ、(カップにはバターを塗らなくて良いのです。)
アルミホイルで蓋をして、沸騰させたスチーマーに入れ、
4分スチーム、火を消して8分で出来上がりです。
常温になったら冷蔵庫に入れて冷します。

でもって、もう一つの話題は

ベランダ野菜 今日の収穫 7月23日 2016 Today's harvest


キュウリ ピーマン オクラ 一本ってかわいいの~

2016年7月21日木曜日

ベランダ野菜 今日の収穫  2016 Today's harvest

またしても、写真が溜まって来ました。
そろそろアップしないと収拾がつかなくなってしまう
ので、記録写真を上げる事にしました。
約一ヶ月のベランダ野菜の収穫の写真です。

↑7月20日






               7月18日→ 


  ↑7月14日






          7月8日→
 ↑7月5日










           7月4日→

←6月26日

2016年7月12日火曜日

トンボとCD

 熱い熱いと言ってぼんやりしているうちに、あっという間に時が経ち
気付けば7月も10日を過ぎています。
さっき蝉の声も聞いたようです。

6月のベランダ野菜はアブラムシとの戦いでした。
テントウ虫の幼虫を捕まえて来ては放つことを何日も繰り返していたのに
ベランダに来た途端に眠りに入るテントウ虫ばかり、
成虫になり「ワーイてんとう虫だ」と喜んだのもつかの間、
何処かに飛んで行ってしまい結局抜け殻だけが葉に残り
我が家は居心地が悪いのかしら、てんとう虫は何処行った。
またまた、「決して見てはいけません。」状態になってしました。

食用油大さじ一杯、重曹大さじ一杯、水1リットル、石鹸液数滴を「混ぜて噴霧すれば
退治できます。」の記述を見つけたので試してみました。
アブラムシの出した「ベットリ」よりも、もっとひどい油の「ベットリ」が葉に残り、
これは、なお一層、気持ちが良くない。
結局、水をかけて洗い流すことにしました。
 CDを下げると良いと書いてあったので下げてみたりしました。
アブラムシは「光の撹乱なんかに負けないゾ」と彼等も戦っているらしいです。
午前中だけしか日が当たらないから光の利用が出来ないのでしょうか。
他に迷惑をかけないようにと壁際へ運び、「シュッ・シュッ」と
水の噴射で落とすのがやっぱり、一番のようです。
ベランダに水を流せば温度も下がる気がするしネ。
てんとう虫はいなくなったけどトンボが3匹遊びに来てくれました。
そっと写真を撮りに行ったのに1匹しか写す事ができなかったワ
また来てくれると嬉しいとナ~

2016年6月25日土曜日

今日のベランダ野菜6月25日 2016 Today's vegetable & herb

 2016年6月5日のベランダ野栽

 5月27日、土をかけておいた枝豆、心配していたけど、芽が出てきてくれました。
 土をほぐしたら根も生えてくれています。
アタリマエかナ・・・でも ホ!!!
死なかったヨ~「ホッ」 で  次に「摘心 断根」の ハサミ入れ
 ほんとに切っても生きてくれて、復活してくれるのか、と「ドキドキ」
このまま移植しても良いんじゃないのと、ためらってしまいました。

でも切らないとネ「摘心 断根」ダモノ
そして土を入れ、用意してあったポットに挿し芽をしました。
これでまた、根付いてくれるのを待つ事に大丈夫なのかナ~~
ダイジョブ ダイジョブ きっと大丈夫・・・

2016年6月24日金曜日

ベランダ野菜 今日の収穫 6月24日 2016 Today's harvest

6月23日 昨日の収穫です。
オクラとキュウリです。
1口で 無くなってしまう数のオクラです。
一鉢に「1本〜2本を植えるようにする。」なんですって!!
ナ・ナ・ナ・なんと買ってきたポットの苗のマーンマ、2本と4本で植えていました。
大きくならなかったのはそのせいかしら?・・
今更かも知れませんが、鉢に半分の1本と2本を根本からカットしました。
大きくなってね〜〜〜〜オクラちゃ〜〜ん

今日のベランダ野菜6月24日 2016 Today's vegetable & herb

2016年6月2日のベランダ野菜

 5月22日に水挿しをして置いた空芯菜の茎の部分、
10日ほど経ち、発根したのでプランターに植えます。


  箸で穴を掘って植えて行きます。



植え終わったら、たっぷり水を与えます。










手前に植わっているのは、
 種からまいた枝豆です。
根出し用の場所が空いたので、
大きくさせたトマトの脇芽をカットして来て、
発根させることにしました。
根が出たら、今植えてあるトマトの横に植えるつもりです。
今そこに有るのは、苗で買ってきた枝豆。
そろそろ収穫できるようだから、このトマトと交代させます。